看護助手

看護助手のお給料は安すぎると思ったとき、現役現役看護助手の給与公開と給与を上げる方法3つ

2022年3月21日

こんにちは。
現役看護助手のちりです。


看護助手に興味のある方の中には実際の給与が気になったり、また
実際に看護助手のお仕事をしている方ではもっと収入が増えればいいな…と思っていたりしませんか?


こちらの記事では看護助手として働いているわたしの給与を紹介しながら
看護助手の収入を上げる方法を書いていきますので最後までご覧くださいね^^

看護助手のお給料は安い?

さて、見出しの「看護助手のお給料は安い?」ですが
あなたはどう思われますか?


「そうは言っても看護助手は病院で働いているんだからお給料が安定している」
「看護助手は公的な資格ではないから❛稼げる❜仕事ではないのでは…」


太字の部分が主だった思い込みや疑問じゃないかと思いますが
わたしにとってはどちらも正解です!


個人的なことをお話しすると
前職のパートでは当時の社会情勢により休職を余儀なくされた結果
収入がだだ下がりしてしまったので、病院に正社員就職した経緯があります。


なので病院っていつも出勤できて有難い!…と心底思えます。
外来の患者さんが少ないからって「今日ひまだから帰っていいよ!」ってなりませんからね。笑


確かにシフトは安定しています。
ですが看護助手は国家資格や都道府県知事の認定のない職種なので
同じ時間働いていても医師や看護師などの資格を持った方たちのお給料には及びません…


実際に「看護助手 年収」で検索すると地域差はありますが
だいたい200万円台後半~300万円台とあります。


時給換算では地域の最低時給、もしくは最低時給すれすれのところが多いでしょう。


派遣で働く場合はもう少し時給が高いですが
それは勤務期間に限りがあったり賞与がないからかもしれません。

現役看護助手の給与公開

じゃじゃーん!
それではわたしの給与について、できるだけ赤裸々にお伝えしますね。


まずはわたしの看護助手としてのスペックはこんな感じです。
↓↓↓

  • 40代後半女性
  • 首都圏在住
  • 常勤(正社員、フルタイム)として勤務
  • 業界未経験で就職してもうすぐ2年
  • 夜勤介護的なこと(おむつ交換)やベッドメイクはなし


それでは月給からお伝えしますが12万円台です…!


自分で書いていて涙が出そうです。。。
だって40代でフルタイムですよ?!


でもご安心ください(?)
この月給は基本給というのがミソでして
(明細には「基本給(月給)」と記載)
これに特別手当というのが加算されると20万円行くか行かないか、かなーとなります。


もちろんそこから
各種保険料や税金、食費が引かれていきます。

手取りにすると15万円台


ちなみにボーナスは4か月分で(勤務先によります)

ボーナスを加えたら年収は300万円ぐらい…です。

看護助手の給与を上げる3つの方法

わたしの年収を見てどう思いましたか?


平均と言えば平均?
でも決して高くはないですよね…

もうちょっと収入が増えればいいな〜、なんてついつい思ってしまいます。


そこで給与を上げる3つの方法を考えてみました!

1.昇給を待つ
2.よりハードな勤務を申しでる
3.資格を取得して看護助手の仕事に活かす


1.昇給を待つ
これは給与をあげる、というよりか「あがる」のを待つ方法ですね。


皆さんの勤務先でも年に一回の昇給あり、という規定はありませんか?


わたしの勤務先ではそうなっていて
昨年ははじめての昇給時期を迎えましたが、年収にして約10万円アップでした。


もしこの調子で昇給できるのであれば
長く働き続けることで着実に給与はあがっていきますね。


2.よりハードな勤務を申し出る
例えばパートの方でしたら勤務日数を増やしてみる、
あるいは正社員を目指してみる。


勤務日数が増えるだけでもそれだけ給与は増えますし
正社員になったら+ボーナスのありがたみもあります…
(パートの身分でいただくボーナスとは桁が違います)


そしてすでに日勤で頑張っているのでしたら
夜勤シフトを申し出てみる。


夜勤はおおむね16:00~翌9:00のシフトですが
夜勤手当がありますし、勤務明けの翌日はだいたい休みです。
(だから夜勤は働きやすいという意見もあります)



3.資格を取得して看護助手の仕事に活かす
看護助手の給与アップにいちばん役立つのは
資格の取得かもしれません…!


介護の資格を取得すると
夜勤の仕事にも就きやすくなりますし、
介護の資格には手当として給与に反映されます。


看護助手の資格講座も存在しますが
そこの資格を取得=収入アップにつながるかどうかは疑問で
勤務先では看護助手の資格が手当てに反映されていないからです。


介護の資格を取得すれば看護助手としてだけでなく
介護施設でも働くことができて仕事の幅がひろがりますね。

まとめ

看護助手の収入は安定していますが
公的な資格職ではない分、同じ医療職の方とくらべればお給料は少なめです。


収入アップを目指すには
働く時間を増やすほかに介護資格を取得すると
看護助手としての給与が増えたり、働く分野を変えることもできますね。


お読みいただいてありがとうございました!



にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村







  • この記事を書いた人

ちり

アラフィフの現役看護助手です。パートタイム主婦が45歳で未経験ながらも病院に正社員就職することができました。リアルな情報をお届けします。

-看護助手